頭皮 フケ

頭皮のフケ解消に良いノンシリコンシャンプー徹底ガイド!

頭皮のフケの原因につながりやすい高級アルコール系シャンプー

頭皮のフケと言っても、様々なケースで発生することになるのですが、シャンプーの影響によってフケが出ることがあります。

 

その代表的なシャンプーが高級アルコール系と言われるシャンプーです。

 

高級と言っても価値があるといった意味の高級ではありません。

 

単純に高級アルコールに含まれる炭素数が多いといった意味になります。

 

市販で販売されているシャンプーのほとんどが高級アルコール洗浄成分

この高級アルコールを洗浄成分としているシャンプーは沢山あり、ドラッグストアなどで一般的に販売されているシャンプーのほとんどが高級アルコールを洗浄成分としています。

 

シャンプーを購入する時に成分表示の欄を見てみると解りますが、最初の方にラウリル硫酸やラウレス硫酸といったものが書かれていると高級アルコール系のシャンプーとなります。

 

高級アルコール系洗浄成分のメリット&デメリットは?

高級アルコールを洗浄成分とするシャンプーが多い秘密は、泡立ちが良く、洗い上がりが良いといったこともあるのですが、シャンプーを製造する側として最も大きなメリットは安価に大量生産することができるからです。

 

安く大量に作ることが出来て、使用感も良いと言うことでほとんどのシャンプーの洗浄成分に使われているのですが、この高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強すぎるといったデメリットがあります。

 

洗浄力が強すぎることから、頭皮を保護する役割である皮脂を落とし過ぎてしまう原因となってしまったり、頭皮や毛髪に対して与える負担がとても大きいのです。

 

結果、頭皮や毛髪にとってはあまり良くないシャンプーだと言えます。

 

皮脂を落としすぎると頭皮が乾燥してフケにつながる

夜に入浴をして、朝にもシャワーを浴びて洗髪をする習慣がある人も多いでしょうが、夜と朝の短時間に高級アルコール系のシャンプーを使ってしまうことによって皮脂を落とし過ぎてしまいます。

 

皮脂を落とさないことで毛穴に詰まってしまって、抜け毛の原因となってしまうこともあるのですが、皮脂を落とし過ぎてしまっても良くありません。皮脂が少なくなることによって頭皮の保湿機能が低下し、頭皮が乾燥しやすくなってしまうからです。

 

また、皮脂の分泌が足りないと身体はかえって過剰に皮脂を分泌するようになってしまい、頭皮の環境が悪化することもあります。

 

頭皮が乾燥してしまうことによって、フケが出やすくなってしまうので、フケが多く出る方はシャンプーを変えてみるのも1つの手段です。

頭皮のフケの種類と改善に良いアミノ酸シャンプー

頭皮のフケとシャンプーには深い関係があると言っても良いでしょう。

フケと言っても、実は2種類に分けることができ、1つは乾性といって乾いたフケのことですね。

 

一般的にフケといった場合には、こちらのフケを想像する人が多いでしょう。
もう1つのフケは湿性と呼ばれるフケです。

 

こちらは油分を含んだフケのことになります。
どちらのフケであるにしてもシャンプーは大きな影響を持っているのですが、何故シャンプーがフケと関係を持っているのかをみてみましょう。

 

頭皮をゴシゴシ洗い過ぎないようにしよう

頭皮からフケが出てしまう方というのは、多くの人がシャンプーを沢山行ったり、ゴシゴシと頭皮を洗ってしまっていることでしょう。

キレイになるからとシャンプーで洗いすぎているのが原因と言えます。
シャンプーと一口に言っても、実は様々な洗浄成分が使われています。
中でも一般的に販売されているシャンプーの多くに使われている高級アルコールは頭皮や毛髪にとって良くないものなのです。
高級アルコールは洗浄力が強く、原材料が安く大量生産出来るなどの理由から多くのシャンプーに使われているのですが、頭皮や毛髪への負担が大きいシャンプーなのです。
ですので、高級アルコール系のシャンプーを使って、1日に何度も洗髪をしてしまうことによってフケの原因を作ってしまうのです。
このように間違ったシャンプー選びをしていると、頭皮の乾燥や脂性を招いていまうのです。

 

頭皮のフケ解消に良い適度な洗浄力があるアミノ酸系シャンプー

そこで、正しいシャンプー選びなのですが、適度に洗浄力があり、頭皮や毛髪に優しいシャンプーを選ぶようにして下さい。

どんなシャンプーが該当するのかと言いますと、洗浄成分にアミノ酸を使用しているシャンプーですね。
できれば、化学物質は無添加となっているアミノ酸シャンプーを使うようにすると、さらに良いでしょう。
アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分にアミノ酸を使用しているシャンプーのことで、高級アルコール系のシャンプーとはまったく違う洗い上がりになるので、初めて使う人はとまどってしまうかもしれません。
指通りも良くないですし、泡立ちもしない、といった従来のシャンプーとは異なるものなのですが、毛髪や頭皮には優しく、適度な洗浄力を持っているのでお勧めです。
頭皮の乾燥、脂性を起こす原因となる皮脂を落とし過ぎることもありませんし、頭皮の環境を改善する効果もあるのでフケを抑えてくれます。
フケが沢山出てしまって困っているという人は、1度アミノ酸シャンプーを利用してみると良いでしょう。

ノンシリコンシャンプーが人気でも注意したほうが良いポイント!

近年、雑誌などでも良く見かけるのがノンシリコンシャンプーですね。

このノンシリコンシャンプーとは、配合されている成分としてシリコンが使われていないシャンプーのことになります。

 

シリコンとは、化学反応によって作られる人工的な物質のことです。
スキンケアやヘアケア用品に幅広く使われているもので、髪の毛の表面にあるキューティクルに付着して、コーティングする作用を持っています。
つまり、シリコンが使われているシャンプーを利用することによって、髪の毛の手触りを良くしたり、髪の毛をツヤを出すといった効果を持っているのです。

 

しかし、髪の毛のダメージを補修してくれたり、髪の毛の内部に浸透して保湿を行ってくれるといった効果はありません。
女性の場合は特にヘアカラーやパーマ剤を利用している人も多いので、髪の毛が傷んでしまっている人も多いのですが、シリコンが含まれているシャンプーを使っていますと、髪の毛の傷みを進行させてしまうことはあっても、修復されることはありません。ドラッグストアや薬局などで販売されている一般的なシャンプーやリンスのほとんどには使用されていて、ノンシリコンと書いていないものはシリコン入りのシャンプーだと考えて良いでしょう。

 

髪の毛の補修効果や保湿効果があるノンシリコンシャンプー

反対に、ノンシリコンシャンプーはシリコンが配合されていませんので、ノンシリコンシャンプーと質の良いコンディショナーなどを併用していくことによって、髪の毛を補修したり、保湿をしてくれる効果も期待できますので、髪の毛がもともと持っている美しさを取り戻してくれると言われています。

このことから近年では、ノンシリコンシャンプーが注目されていると言っても良いでしょう。

 

ただし、ノンシリコンシャンプーと書いてはいても、高級アルコール系の成分が含まれているシャンプーなどもあります。
こうしたシャンプーは価格が高いだけで、シリコン入りのシャンプーと変わりませんので、注意しておきたいですね。頭皮ケアの場合にも頭皮のフケでも脂性の場合には、脂漏性皮膚炎から脂漏性脱毛症につながりやすいので、シャンプーをノンシリコンシャンプーに変えていくのは効果的です。より個人の頭皮など違いがあるので、しっかりケアしたい場合には脂漏性脱毛症の原因と対策の徹底ガイドを見てみるとよいでしょう。

 

 

関連記事

  • 育毛剤が効かない理由についてはこちら

  • サイトマップ